秋分・お彼岸*
c0239338_11491225.jpg

古代米も混じる色んな稲の田んぼが、実りの色できれいです〜。

c0239338_11472264.jpg

きれいな栗も、ころころと。

お彼岸近くになって、ちゃんと秋の空気になった風が、きもちいいです。


〜地球歴・惑星通信より抜粋〜
─────────────────────────────────
*秋分に御来光、西日(日の出、日の入り)を〜*
─────────────────────────────────
秋分(春分も同様)は真東から太陽が昇ります。

太陽の光線が地球の球に対して、まっすぐに差し込むため、
北半球と南半球に同量の光が当たり、昼と夜の長さが同じになり、
陰と陽を同等に分かつ、バランスのとれた大切なポイントです。

明日は、国民の祝日。
太陽を身近に意識してみましょう。

─────────────────────────────────
秋分は中道の象徴
─────────────────────────────────
お彼岸は、祖先を祀る他にも、精神的に特別な意味合いを持っています。

ブッダは厳しい苦行と快楽という両極を体験した上で、真理を探していましたが、
ある時、苦行している最中に、歌を歌いながら通りかかった農夫に、

 〜“弦は強すぎると切れる、弱いと弱いでまた鳴らぬ、
  程ほどの調子にしめて上手にかき鳴らすが良い”〜

と言われ、雷に打たれるような思いで真理を悟りました。

全てが変化し続けているというシンプルなこと、
“両極端に走らない「中道」が大切なのだ”と。

中道を行くということは、アンバランスや、かたよりを認めることでもあります。

中道は、真ん中で静止し、動かないことではなく、
変化の動きの中で、常にバランスを意識することです。

風に吹かれ、揺れる木々のように抵抗しないというのは、
自然のあり方の基本スタンスかもしれません。

*惑星もそれぞれにブレ(離心率)を持っており、偏りを持っています。
それは、抑揚やグルーヴのようなものであり、偏りは常に中心(芯や軸)を
意識している動きでもあります。

─────────────────────────────────

ありがとう〜*
by m3_stars | 2012-09-21 12:09 | いのちのひかり | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hoshit.exblog.jp/tb/18477403
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 蜂兵衛 at 2012-09-21 19:06 x
カラフルな秋・・まるで絵のような田んぼですね。
今日、私もクリを拾いました。小さな山栗を少しだけ・・。
Commented by m3_stars at 2012-09-21 21:39
わぁ山栗いいですね、小ぶりでも美味しいイメージがあります〜。おいしい秋ですね。田んぼも見るたび、見とれてしまいます。
<< 『美しい世界』販売* 楽園のような農家さん >>



地球のきれいなたからもの 描いたり ひろったり つづったり。
by.mihoshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31